2014年12月10日

vol.7 『狂犬百景』のアツ過ぎる感想をぶつけ合うポッドキャスト(前編)ゲスト:アガリスクエンターテイメント

600_MU201411_0104.jpg



※ヴォリュームは↑プレイヤーの左にある「+」をクリックすると大きくなります。
※本放送で使われている楽曲はfreemusicarchiveの許可を得て使用しています。
※写真は『狂犬百景』第一話『犬を拾いに』より。左から久保友紀奈(大久保千晴)と青柳文太(青木友哉)


MUのポッドキャスト、四年ぶり(!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)の第7回は、たった二日間の公演ながら原宿VACANTで行なわれ、前売完売&好評で幕を閉じた『狂犬百景』について。「MU、初の集団劇」「連作による長編」「ゾンビもの」と濃過ぎる内容に、アガリスクエンターテイメントの劇団員の面々がアツい、アツ過ぎる感想をツイートしてるのを察知し(浅越くんのアツいblog『狂犬VSゾンビ』はこちら)その熱を逃さず真空パックしようと、彼らが住まいとするアガリスクハウスまで遠征して●RECしてきました。そのアツい様子のなかで制作秘話も流れております。これを機にポッドキャストも定期的にやっていきますので、よろしくお願い致します。(ハセガワアユム)

※こちらはMU『狂犬百景』の大枠には触れておりますが、核心の部分にはふれておりません。販売予定のシナリオやDVDなどで作品に触れてみたい方も事前にお聴き戴いても問題はありませんが、もし気になるようでしたら先に作品に触れてみてください。架空ストアにて電子書籍版のシナリオが発売中です!

※全4回配信予定になっております

【『狂犬百景』コンセプト】
MU『狂犬百景』は四話連作で構成される、MU初の集団劇。東京の街にゾンビではなく狂犬が蔓延したら? と描かれる場所たちは、1.コンビニ、2.製菓会社、3.漫画家の印税御殿、4.動物愛護センター。登場人物やモチーフが離れているけどリンクし裏返る、わたしたちの狂犬百景。


[TOPICS]アガリスクエンターテイメントのラジオの挨拶はアイドル式(というわけで混ざってみました)/『狂犬百景』はゾンビもの?/四畳半会話劇から、PARCOでやりたいです、大きな劇場でやりたいというビジョン/原宿のオシャレな会場VACANTは、観劇おじさん観劇ファンの「アウェー過ぎる」とおののくオシャレさ/

冨坂友くん(アガリスクエンターテイメント 作・演出)の感想/黒富野ならぬ”黒”ハセガワ全開/アメドラに近い手触りだから、やっていることがブラックでもそこまで重たい感じがしない(冨坂)/登場人物全員クズ/クズ集合(浅越)/大久保千晴の震え声の魅力/(第三話『漫画の世界』について)沈ちゃんは初めての悪役?/ここまで脳みそ溶けてる役は初めて(沈)/電グルのオールナイトニッポン/終わらない悪夢のような会話で最後まで改心しないってどうなるんだろう?/主宰は客演しても立場上ダメ出しが多い/

塩原俊之くん(アガリスクエンターテイメント 俳優)の感想/少人数で濃密な会話劇を武器にしていたMUが今回は多くの俳優が出演する「数の暴力」について/「数の暴力」へのアンサー/巷に溢れる大量出演者の舞台はシャブと同じ危うさ/一ヶ月鬱からの結論「売れるしかない」/マイペースに洋服作るような感じで半年に一回公演を打つような真似はやめた/小さなビリーミリガンが沢山/演劇ペニペニ/休憩込みの二時間半は完全PARCO仕様/青柳(青木友哉)と久保(大久保千晴)が主人公とヒロインであること/アガリスク主催コントイベントで上演した『やっぱり猫が行方不明』と同じカップルであること/どうしても魂の話をしてしまう/アガリスクには感謝しかない(中編へ続く)


600_狂犬百景舞台写真インスタグラム5.jpg

※写真は『狂犬百景』第三話『漫画の世界』より。

MU公式サイト 次回公演2015年3月『少年は銃を抱く』
http://www.mu-web.net/
アガリスクエンターテイメント公式サイト 次回公演2015年3月『紅白旗合戦』
http://www.agarisk.com/
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/410410717
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。